関東・東海・関西・中国・九州エリアのアンテナ修理・アンテナ工事はアンテナドクターへ!!

お気軽にお問い合わせください。 0120-849-167 【電話受付】10:00〜20:00【定休日】不定休

ブログ


電波の受信が強過ぎる場合の対処法とは?

先日、「ブースターは必要なのか?」という記事を投稿しました。

該当記事はコチラ

ブースターが必要な地域とは、電波が弱い地域で、多くの方が設置されている一般的な機材となります。

 

では、反対に電波が強過ぎる地域はどうなのでしょうか?

弱い地域に比べ、強過ぎる地域はさほど多くありませんが、稀に当店のお客様でも、ブースターを設置するのとは逆=電波を弱める作業をしなくてなならないときがあります。

 

アッテネーターという機材を取り付けます。

 

アッテネーター

出典:e431

https://e431.jp/products/detail.php?product_id=2511

 

減衰体とも呼ばれ、電波を弱める力を持っています。

ブースターほどメジャーな機材ではないため、ご存知の方は少ないと思います。

それだけ、ブースターが必要な地域(電波が弱い地域)が多く、アッテネーターが必要な地域(電波が強過ぎる地域)は少ないということです。

 

ちなみにこのアッテネーター、成人男性の小指半分ぐらいの大きさなので、知識のある人はホームセンターで購入しDIYとして挑戦されることもありますが、ケーブル加工が必要になりますので、これだけはオススメしません。

 

餅は餅屋、アンテナはアンテナ屋にお任せください!!

 

 

関連記事

テレビアンテナのブースターは必要か?

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 株式会社PMS. All rights Reserved.